ジェクシードさまが電話応対業務を自動化する「GX_VCRPAI」を販売開始

  • HOME
  • ニュース
  • ジェクシードさまが電話応対業務を自動化する「GX_VCRPAI」を販売開始

ジェクシードさまが販売代理店契約を締結
電話応対業務の自動化ソリューション「GX_VCRPAI」を販売開始

〜 RPAトップシェアの UiPath と commubo が連携し一連の電話応対業務を効率化 〜

株式会社ジェクシード(東京都千代田区、代表取締役:野澤裕)さまは、自然会話AIプラットフォーム「commubo」及びクラウド自動電話「telmee」を提供する株式会社ソフトフロントホールディングス(東京都千代田区、代表取締役社長:野田亨)の子会社である株式会社ソフトフロントジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙須英司)と販売代理店契約を本日締結し、AIを活用して一連の電話応対業務を自動化するソリューション「GX_VCRPAI」を2020年4月20日より提供開始を予定しております。

GX_VCRPAI

昨今、労働力不足や働き方改革の解決策として注目されているRPA(Robotic Process Automation)は、WEB検索や登録データの転写など、デジタル化された情報を扱う定型業務の自動化で導入が進んでいますが、電話による会話などアナログ情報を扱う業務への適用は難しいとされてきました。一方で、自動音声応答(IVR)等による電話業務の自動化においては、既存システムとの柔軟な連携が難しいために、電話応対の一連の業務を自動化することが困難であるとされてきました。このため、繁忙期のピーク対応のためにオペレータを臨時に増員したり、電話受付の時間帯を限定、あるいはWEBやメールの応対方法のみで対応するなどを余儀なくされているのが現状です。

ジェクシードさまは今回の販売代理店契約の提携により、RPA製品で売り上げシェアトップの「UiPath」と、AI技術を搭載した自然会話プラットフォーム「commubo」を連携することで、これまで難しいとされていた一連の電話応対業務における処理を自動化するソリューションを開発しました。commubo のAIオペレータが通話の会話内容をテキスト化(デジタル化)し、会話で取得したデータを UiPath が引き継ぐことで、WEBシステムへの登録や確認メール送信などの自動化が、既存システムを改修することなく実現可能となります。病院の診療予約やレストランの座席予約など、電話受付業務の自動化によって生産性を飛躍的に向上するとともに、対応時間帯を拡大することができます。

GX_VCRPAI」の提供開始に先立ち、定型スクリプトを利用して短期間・低コストでサービス導入を可能とする「GX_VCRPAIスターターパックβ版」を、限定10社さまに初月の月額利用料を無償提供するキャンペーンを2020年3月25日より開始します。

ジェクシードさまとソフトフロントは、昨年11月に締結をした業務提携により、両社が有する製品、技術力及びノウハウを相互に活用してシナジーを最大化し、他社と差別化した企業向けソリューションを開発して、深刻化する人手不足の解決をご支援いたします。

GX_VCRPAIについて】
電話会話による音声認識:VCR(Voice Communication Recognition)と RPA(Robotic Process Automation)、AI技術(Artificial Intelligence)を融合することで、電話応対、データ登録、確認処理、データ分析などの一連の電話受付業務を自動化するソリューションです。
AI自然会話ロボット「commubo」により自動で会話をした後に、会話情報デジタル化し、RPA製品「UiPath」にてデータをシステム登録する業務の連携を行います。ジェクシードさまの業務コンサルティングのノウハウにより、通話データを分析し、電話応対業務における更なる効率化を実現します。主なサービス内容は以下のとおりとなります。

  • 会話シナリオの設計・構築・チューニング
  • 既存システムとのデータ連携
  • システム動作環境(クラウド)の初期設定
  • 定着化支援、導入後サポート
  • 利用傾向のデータ分析、業務改善

今後、市場からのニーズに対応し、提供するサービスや機能の範囲を順次拡大していく予定です。
https://www.gexeed.co.jp/service_all_/cloud-service/gx-vcrpai/

最近のニュース

お知らせ一覧