ALL CONNECT CC さまにてテスト導入

ALL CONNECT CC さまが電話業務の効率化に「commubo」をテスト導入

株式会社ソフトフロントホールディングス (東京都千代田区、代表取締役社長:野田亨) の子会社である株式会社ソフトフロントジャパン (東京都千代田区、代表取締役社長:髙須英司) は、この度、株式会社ALL CONNECT CC (福井県福井市、代表取締役:浅田靖枝) さまが、オペレーター電話業務を一部自動化し、業務の効率化を図るため、自然会話AIプラットフォーム「commubo」をテスト導入することをお知らせいたします。

ALL CONNECT CCさまは、通信回線やスマートフォン・電力などの通信インフラの販売窓口である、コールセンターを運営しています。
昨今のスマートフォン保有率の急激な増加や電力自由化によるインフラ商材の販売数が急増する中で、販売窓口を担うALL CONNECT CCさまのコールセンター業務も膨大化してきており、オペレーターの確保、販売数増加への迅速な対応などが急務であり、業務効率化が課題となっていました。

このような課題に対して、ALL CONNECT CCさまはオペレーター電話業務の一部を自動化し、業務効率化を図るため、ソフトフロントジャパンが開発・販売するクラウド型のコールセンター向け自然会話AIパッケージ「commubo for コールセンター」のテスト導入を開始します。
このテスト導入は、これまでオペレーターが担当していた電話での応対業務をAIロボットが担うことで応対を自動化・無人化し、業務コストを低減、従来のオペレーターはより生産性の高い業務に就くなど、業務効率化を目的としたBPR (ビジネスプロセス・リエンジニアリング:業務プロセス改革) の一環となります。
ソフトフロントジャパンは運用中のシステム全般のサポートを行いながら、両社相互協力によりコールセンター業務の効率化を推進していきます。

株式会社ALL CONNECT CC 取締役 佐々木祐貴さまからのコメント

昨今のコールセンター業務におけるAI化は企業の至上命題となっています。お客様と自然な会話で応対できるソフトフロントジャパンの自然会話AIプラットフォーム「commubo」で、電話業務の一部自動化を図り、オペレーターのリソース確保と応対可能件数の増加を実現していきたいと考えています。

最近のニュース

お知らせ一覧