ウェルネストコミュニケーションズさまが commuboによる通販事業者向けサービスを提供開始

  • HOME
  • ニュース
  • ウェルネストコミュニケーションズさまが commuboによる通販事業者向けサービスを提供開始

コールセンターを運営するウェルネストコミュニケーションズさまが
commubo による通販事業者向けサービスを開始

株式会社ソフトフロントホールディングス(東京都千代田区、代表取締役社長:二通宏久)の子会社である株式会社ソフトフロントジャパン(東京都千代田区、代表取締役社長:髙須英司)は、株式会社ウェルネストコミュニケーションズさま(東京都渋谷区、代表取締役社長:曽根邦夫)がAIオペレータ「commubo(コミュボ)」を活用して、主に通販事業者向けサービスの提供を開始したことをお知らせいたします。

ウェルネストコミュニケーションズさまは全国複数拠点にてコールセンターを運営し、ITを活用した企業の顧客接点を強化するサービス・ソリューションを提供しています。
この度、ウェルネストコミュニケーションズさまは企業におけるDX支援の一環として自然会話AIプラットフォーム「commubo」によるAIオペレータサービスをソリューションメニューに追加し、ボイスボットを用いた電話業務の自動化ソリューションを拡充することになりました。

このAIオペレータサービスで注力する分野としては、昨今の巣ごもり需要で活況を呈している通販業界が挙げられ、注文受付等で慢性的に発生する入電の「あふれ呼」対策として「スナッチ対応」に適用するものです。「スナッチ対応」は顧客の名前と電話番号だけを聞き取って一旦電話を切り、ピーク後にコールバックするコールセンター手法ですが、commubo の持つ自然なボイスボット会話能力によって一次受付の登録率は80%を超える実績があり、顧客満足度の向上と共に通販事業者の売り上げ拡大に貢献することができます。

その他、ウェルネストコミュニケーションズさまは他の分野においても commubo による顧客応対レベルの均質化やクレームレス環境の実現、24時間365日対応等によって業務効率化と売り上げ拡大を訴求した電話業務自動化サービスを様々な業界に対して提供していきます。
ソフトフロントジャパンはAIオペレータサービスのシステム全般のサポートを行い、ウェルネストコミュニケーションズさまによるソリューション展開を支援して参ります。

株式会社ウェルネストコミュニケーションズさまについて】
創業以来の中核事業であるICTアウトソーシング(コンタクトセンター)分野では、AIを用いたOCRや音声認識、RPAなどの技術による顧客とのコミュニケーションの効率化を図るとともに、オムニチャネル化をはじめとするデジタライゼーションにより、新しい顧客体験(UX)やデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現していきます。
さらにそれらICTの技術と経験を基盤として、弊社代表の東京大学医学部時代の知見とネットワークを生かし、市場規模が急速に拡大するヘルスケア分野において、ICT×ヘルスケアで新しい医療サービスの形を実現していきます。
ICTを使って人々の生活をより豊かに、より便利に変えていくのが我々の使命です。
https://wellnest.co.jp

最近のニュース

お知らせ一覧